受験の目標は合格をすること

大学受験の対策をする上で、勉強時間はとても気になる要素の1つでしょう。特に高校3年の夏休みぐらいからは、部活動も引退してかなり本腰を入れて勉強を始める人が大半でしょうから、より勉強時間の方も増えるはずです。ただ、ここで1つ誤解してはいけないのが、受験の目標はあくまでも合格を勝ち取るということです。確かに、難関大学に合格するような人は、それなりの勉強時間を確保していることは事実です。ただ一方で、そこまで多くの時間を費やさずに、大学受験で現役合格を果たしている人も多いのです。高校3年までしっかりと部活動に取り組み、勉強できる時間にハンデがありながらも、難関大学に合格する人も少なくないのです。結局のところ、受験というのは勉強時間を競うことが目的ではありませんし、多くの時間勉強した人が勝利するわけでもないのです。あくまで受験対策というのは、合格をするために行うことであり、それ自体が目的ではないのです。したがって、あまり勉強時間に意識がとらわれ過ぎるのもよくありませんし、決して正解があるわけでもないのです。もちろん、だからと言って短い時間でも構わないと言っているわけではないので、自分なりに対策プランとスケジュールを立てて取り組んでいきましょう。

受験の深い情報

↑PAGE TOP

Menu