受験には集中力の対策もせよ

受験は当然のことですが試験中に集中力が途切れないことが大切です。「集中力が途切れてもできることはできるじゃないか。だから、そんなことは後回しにして、理解力が何よりも大切だ。」と思いがちですが、試験で大切なことは、理解しただけではだめです。それを試験という集中の場でいかに学力を出し切ることができるかということにポイントが置かれています。そのために、「よーく考えればできる」とか「ゆっくり考えれば解ける。」ということではまだまだ未完成です。大切なことは試験の時間内で集中力を切らせることなくほぼ全問を解けるということが一番合格に近づきます。そのためには何か大切かというと、学力の完成度を高くする対策です。完成度を高めるためには、簡単に言えば、受験が近くなったら実際の試験の時間配分で過去問題を解いてきちんと解き終わるか、途中で集中力が切れてしまわないか?ということをチェックしつつ学力を完成させていくことです。そのための対策としては、受験が近くなったら毎日過去問題を実際の試験時間よりも短い時間で解いたり、また、実際の試験時間と同じ時間で過去問題を多めに解いたりして自分の集中力が時間内に十分に持つような体力と精神力を付ける対策を受験勉強に入れていくことが大切です。

受験の深い情報

↑PAGE TOP

Menu